2010年10月12日

成長の遅い子どもが自信をもって成長する方法

発達障害は、約130年前に、初めてヨーロッパの学会で発表されました。

日本では子どもの6%、欧米では子どもの8%が発達障害といわれています。

日本が、欧米に比べて、発達障害の子どもが少ないわけではありません。
日本の基準が厳しすぎるのです。

少なくとも、欧米の基準では発達障害に認定される2%ものたくさんの子どもが
いるということです。

特別支援のクラスや特別児童手当、サポートを受けることのできない子どもたちが、
大勢いると言うことです。


いくら頑張っても、要領の悪い子ども、落ち着きのない子ども、勉強についていけない
子ども・・・

世の中には、発達障害、精神的発達遅滞、PDD(広汎性発達障害)、LD(学習障害)、
運動障害、ADHD(注意欠陥)、BDD(破壊的行動障害)、コミュニケーション障害、
アスべスガー症候群、自閉症などなど、たくさんの病名が・・・

私たちのたった一つの願いは、子どもが自信を持って成長し、幸せに生活してくれること
です。



詳しくは⇒⇒⇒⇒⇒成長の遅い子どもが自信をもって成長する方法















発達障害,発育障害,育児,保育,障害,障害児,未熟児,広汎性発達障害
posted by manabu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165466875

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。